これからのプロジェクターは3dへ

まだみなさんは【プロジェクターレンタル】についていろいろ悩み・疑問を抱えていたりするのではないでしょうか。果たしてプロジェクターレンタルはどのような目安で決めて行けばいいのでしょうか。

プロジェクターレンタルの目安

まずプロジェクターレンタルをする上でだいたいの目安を知ることが大事です。プロジェクターレンタルして、細かな文字、動きの早い動画を映したい場合、より「ルーメン」の大きなものを選択するといいでしょう。 視聴人数~40人という場合だいたいスクリーンの目安は60インチであり、2800ルーメンあたりのものがいいでしょう。 40~50人なら80インチを、それも2800ルーメンあたりです。 50~100人なら100インチで暗い部屋なら2800ルーメン~、明るい部屋なら3500ルーメン~という感じです。 あと100~150人なら200インチのものを、暗い部屋では3000ルーメン~、明るい部屋では5000ルーメン~のもの、さらに150~250人なら300インチで、暗い部屋で4000ルーメン~、明るい部屋で7000ルーメン~のものです。 プロジェクターレンタルショップでは、7000ルーメン~規模のものもレンタルすることができ、大々的イベントもしっかり開催することができます。

パソコンをUSBで繋ぐ

USBを使ってパソコンの画面を投映したいという場合には、プロジェクターレンタルだけでなく、パソコンにも対応出来ている必要があります。 エプソンの場合「USBディスプレイ機能」という言い方をしますが、エプソンでは「USBディスプレイ機能」があればパソコンと繋ぎ投映することができます。 もしもそれが出来ない場合には公式サイトから接続ドライバをダウンロード・インストールできることもあるのですが、新しいOSの場合、ドライバの用意がない可能性もあります。エプソンドライバダウンロードからダウンロードしてください。

書画カメラとは

書画カメラとは、書類などを上部のカメラで撮影して、プロジェクターへ出力し、映像投映する装置のことです。 別途用意が必要なケースが多いですが、中にはプロジェクター機能が内蔵された一体型のモデルもあります。 プロジェクターレンタルをして、なかなか使用場所で照明がなかなか落とせないケースもあるかもしれないですよね。そのような場合は、せめてスクリーンの周囲だけでも遮光をするか、よりルーメンの大きなプロジェクターレンタルをするようにしましょう。 プロジェクターには、使用場所やレイアウトなども大事なポイントです。