プロジェクターの明るさについて

プロジェクターの明るさの単位はルーメンで示されています。記号はlmで表します。ルーメンというのはあまり聞いたことがないかもしれませんが、要は光の明るさの単位です。物理的な定義は非常に複雑なので、ここでその定義を説明してもあまり意味はありませんから割愛しますが、だいたい、普通のろうそく1本分の明るさが1ルーメン程度と思ってさほど大きなずれはありません。
ただし、正確に明るさを定義しようと思えばこれだけでは全く不十分です。誰でもすぐに分かることですが、同じ1本のろうそくでも、ろうそくが近い場所にあれば明るいですし、離れた場所にあれば暗くなります。ですから、真に明るさを定義しようと思えばろうそくからの距離も考えに入れなければなりません。物理的な定義では、距離ではなくて、そのろうそくによって照らされているある面積を考えて、その部分の明るさで表すのですが、非常に複雑なので説明は割愛したのです。
ともあれ、当然ながらプロジェクター選びにはこの明るさというのは非常に重要な要素になります。もちろん、使用用途にもよることは当然で、一般的な家庭で、せいぜい10畳程度の部屋で使うのか、それとも業務用で、会社の会議室で使うのか、はたまた大きなホールで使うのかによって必要なルーメン数は変わってきます。
一般的な家庭用であれば、1000lm程度でも十分使用に耐えるでしょうし、2000lmもあればかなり高品質のものと言えるでしょう。